ピアノの選び方

カタログからは聞こえない「本当の音色」

ピアノを選ぶには、実際にピアノに触れて、その音色を聴き比べてみることが大切です。

 

まずは鍵盤の感触を味わってみましょう。

これがピアノ選びの大前提です。カタログからは音が聞こえてきません。

 

アップライトピアノ、グランドピアノからヨーロッパのピアノまで、常時100台が展示してある「古河ピアノガーデン」なら、じっくりと試弾して自分好みのピアノを探すことができます。

販売店の選び方

各メーカーの商品を豊富に取り揃えて試弾できる専門店をご利用ください。

 

 一般楽器店では小物を中心に取り扱い、大型商品のピアノはカタログで販売するシステムをとっていますから、ピアノ選びの前提となる弾き比べができません。

 

また大幅値引きをうたって広告する、いわゆるディスカウントショップもありますが、ピアノは高価で、しかも長い間ご使用いただくものですので、素人判断は危険です。疑問や不安があるときは、ピアノの先生など詳しい方にご相談されたらいかがでしょうか。

リビルトされたピアノとは、どんなピアノですか。

良質の素材を使用しているピアノの消耗部分を交換し、全塗装を施すことで、新品以上によみがえるリビルトピアノ。

 

購入の際は、必ず交換部分や塗装の程度を確認することが大切です。なかには、普通の中古品程度のものが、リビルト(リニューアル)ピアノとして割高に販売されていることもありますので、ご注意ください。

 

 浜松の工房で職人が丁寧に仕上げた「古河ピアノガーデン」のリビルトピアノには、メンテナンスの内容が明確に表示されています。 

中古ピアノを選ぶコツ

きちんとメンテナンスされていない中古ピアノは、鍵盤を叩くたびに、ホコリが立ったりダニの巣になっていたりと、お子様の健康のためにも大変危険です。

 

ただ、中身のクリーニングまで行き届いているかどうかを判断するのは、素人には難しいものです。

 

メンテナンスの自社工房を持つ「古河ピアノガーデン」なら、すべての部分を分解してクリーニングするので、中古ピアノも新品同様に仕上がっています。